<< Kyle Middleton | main | バックヤードのすすめ >>
2010.12.31 Friday

天然酵母 ナンの作り方


0
    天然酵母 ナンの作り方

    自宅で簡単に増やせる楽健寺の天然酵母をつかって、ドライイーストでは得られないうまみのあるナンを作ってみよう。

    天然酵母 ナンの作り方

    【材料(4個分)】
    強力粉 300g
    全粒粉 大さじ4-5杯(固さ微調整用適宜)
    天然酵母 150-200g(夏季150g/冬季200g)
    砂糖 大さじ1
    塩 小さじ1
    バター 大さじ1
    水 120cc

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順1】
    全材料を計量して軽くまぜひとまとめにして5分置く。(粉と水のお見合いタイム)

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順2】
    手で15分ほどこねる。
    家庭用餅つき機なら15分。
    ホームベーカリーなら「生地をこねる」をセットすると約40〜50分。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順3】
    冷蔵庫で一晩ねかせる。
    低温発酵。
    室温の場合は30分程度で一次発酵が完了する。
    夏場は高温のため生地がだれるので、冷蔵庫の低温発酵がおすすめ。
    ここまでを前夜準備すると便利。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順4】
    生地を打粉をしたまな板にとり、にぎりこぶしでガス抜きする。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順5】
    6-8等分に切り分けて、手で成形する。二次発酵は不要。
    成形後、表面がかわかないようにぬれ布巾をかけて冷蔵庫で5〜10分ベンチタイム。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順6】
    天板を入れたままあらかじめあたためておき、300℃の高温で約5分こんがり焼き上げる。
    家庭用のオーブントースターできれいに焼ける。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順8】
    完成。
    カレーナンだけでなく、手順4〜手順6までの工程なら忙しい朝にも簡単にできるので、朝食に焼きたてがおすすめ。

    天然酵母 ナンの作り方

    食にうるさいフレンチにも大うけ。
    プレーンもいいけど、レタスやハムなどのサンドもおいしい。
    生地を前日につくておけばアウトドアの料理にもぴったり。

    【ポイント】
    生地は温度に敏感なので、保存やベンチタイムは冷蔵庫に入れる。
    また日によって生地の固さも変化するので粉量を微調整する。
    ● ふたをして倍の容量になったら発酵完了

    天然酵母 ナンの作り方

    ▲ 一次発酵前

    天然酵母 ナンの作り方

    ▲ 一次発酵後

    【応用】
    この分量でそのままピザの生地にもなるので、成形後フォークで穴をあけてふくらまないようにして焼く。
    粉の配合を変えていろいろ工夫してつくってみよう。
    関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。男の隠れ家、大人の秘密基地に最適な憧れのDIYガレージをお届けします。
    おしゃれなガレージ:関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    亀岡トライアルランド
    亀岡トライアルランド
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 祝!!完走!! La Festa Primavera 2012 with Morgan 1934
      ヤマ (04/28)
    • 祝!!完走!! La Festa Primavera 2012 with Morgan 1934
      マルコウ (04/25)
    • 祝!!完走!! La Festa Primavera 2012 with Morgan 1934
      オガ (04/24)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM