2010.12.31 Friday

天然酵母 ナンの作り方


0
    天然酵母 ナンの作り方

    自宅で簡単に増やせる楽健寺の天然酵母をつかって、ドライイーストでは得られないうまみのあるナンを作ってみよう。

    天然酵母 ナンの作り方

    【材料(4個分)】
    強力粉 300g
    全粒粉 大さじ4-5杯(固さ微調整用適宜)
    天然酵母 150-200g(夏季150g/冬季200g)
    砂糖 大さじ1
    塩 小さじ1
    バター 大さじ1
    水 120cc

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順1】
    全材料を計量して軽くまぜひとまとめにして5分置く。(粉と水のお見合いタイム)

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順2】
    手で15分ほどこねる。
    家庭用餅つき機なら15分。
    ホームベーカリーなら「生地をこねる」をセットすると約40〜50分。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順3】
    冷蔵庫で一晩ねかせる。
    低温発酵。
    室温の場合は30分程度で一次発酵が完了する。
    夏場は高温のため生地がだれるので、冷蔵庫の低温発酵がおすすめ。
    ここまでを前夜準備すると便利。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順4】
    生地を打粉をしたまな板にとり、にぎりこぶしでガス抜きする。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順5】
    6-8等分に切り分けて、手で成形する。二次発酵は不要。
    成形後、表面がかわかないようにぬれ布巾をかけて冷蔵庫で5〜10分ベンチタイム。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順6】
    天板を入れたままあらかじめあたためておき、300℃の高温で約5分こんがり焼き上げる。
    家庭用のオーブントースターできれいに焼ける。

    天然酵母 ナンの作り方

    【手順8】
    完成。
    カレーナンだけでなく、手順4〜手順6までの工程なら忙しい朝にも簡単にできるので、朝食に焼きたてがおすすめ。

    天然酵母 ナンの作り方

    食にうるさいフレンチにも大うけ。
    プレーンもいいけど、レタスやハムなどのサンドもおいしい。
    生地を前日につくておけばアウトドアの料理にもぴったり。

    【ポイント】
    生地は温度に敏感なので、保存やベンチタイムは冷蔵庫に入れる。
    また日によって生地の固さも変化するので粉量を微調整する。
    ● ふたをして倍の容量になったら発酵完了

    天然酵母 ナンの作り方

    ▲ 一次発酵前

    天然酵母 ナンの作り方

    ▲ 一次発酵後

    【応用】
    この分量でそのままピザの生地にもなるので、成形後フォークで穴をあけてふくらまないようにして焼く。
    粉の配合を変えていろいろ工夫してつくってみよう。
    関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。男の隠れ家、大人の秘密基地に最適な憧れのDIYガレージをお届けします。
    おしゃれなガレージ:関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。
    2010.12.31 Friday

    家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう


    0
      家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう

      ふんわり厚めの生地にたっぷりのトッピングのアメリカンタイプのピザ。
      家庭用電気オーブンで焼くならこのタイプのピザを。

      ☆アメリカン・ピザの作り方

      家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう
      ▲ 手順1
      材料 
      強力粉     300g
      ドライイースト 小さじ2杯
      塩       小さじ1杯
      ぬるま湯    200-250ml

      家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう
      ▲ 手順2
      粉類をいっしょにふるいにかける。

      家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう
      ▲ 手順3
      湯を加えて混ぜる。
      手につかない程度になるようにまとめる。

      家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう
      ▲ 手順4
      打粉をして10分ほどこねる。
      家庭用電気の餅つき機やホームベーカリーを使えば楽なのでおすすめ。

      家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう
      ▲ 手順5
      一次発酵 少しゆるめの生地に仕上げる。
      常温で1時間ねかせる。
      画像は前日に作って冷蔵庫で一晩ねかせるという低温発酵。

      家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう
      ▲ 手順6
      打ち粉をした台の上に生地を置き、250gをまるく手で1cm厚にのばす。
      フォークで穴をあけておくと、生地が膨らまない。

      家庭の電気オーブンでアメリカンタイプのピザ・パンを作ろう
      ▲ 手順7
      あらかじめ天板ごと電気オーブンを250℃に加熱し、ピザをのせる。
      本格派ならトマトソースをのせて3分焼き、トッピングしてさらに4分、
      チーズをのせて三たびオーブンへ入れて合計10分焼く。
      でも面倒ならトッピングして一気に10分で焼いてしまう。

      手順8
      トッピング
      トマトソース・モッツァレラチーズ・あれば生バジルを散らす。粉チーズをふるってオリーブオイルをまわしかける。
      好みでベーコン・シーチキン・たまねぎ・パセリなど工夫してよう。
      トッピングのトマトソースはこちら参照

      出来上がったら、熱いうちにいただこう。生バジルがあればここで散らす。
      焼きかげんは目で見て確かめよう。ここだと思うときこそ食べごろだ。
      関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。男の隠れ家、大人の秘密基地に最適な憧れのDIYガレージをお届けします。
      おしゃれなガレージ:関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。
      2010.12.31 Friday

      アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方


      0
        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方

        イタリアンタイプのクリスピー・ピザとアメリカンスタイルのパン・ピザ、あなたはどちらがお好き?
        ここではカリッとしたイタリアン・ピザを作ろう。

        ☆ローマ・ピザの作り方

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順1
        材料 
        強力粉     300g
        ドライイースト 小さじ2杯
        塩       小さじ1杯
        ぬるま湯    200-250ml

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順2
        粉類をいっしょにふるいにかける。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順3
        湯を加えて混ぜる。
        手につかない程度になるようにまとめる。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順4
        打粉をして10分ほどこねる。
        家庭用電気の餅つき機やホームベーカリーを使えば楽なのでおすすめ。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順5
        一次発酵 少しゆるめの生地に仕上げる。
        常温で1時間ねかせる。
        画像は前日に作って冷蔵庫で一晩ねかせるという低温発酵。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順6
        切る。
        1個150gを目安に、生地を半分に切り分ける。
        とじ目を下にして、20分ベンチタイム。
        表面が乾かないようにぬれ布巾をかけてねかせておく。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順7
        打ち粉をした台の上に生地を置き、麺棒でまるく、2mm厚にのばす。
        分厚いままだとカリッと仕上がらない。
        フォークで穴をあけておくと、生地が膨らまない。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順8
        トッピング
        トマトソース・モッツァレラチーズ・あれば生バジルを散らす。
        粉チーズをふるってオリーブオイルをまわしかける。
        トッピングのトマトソースはこちら参照

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順9
        1時間以上かけて思いっきり釜を熱しておく。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順10
        焼く
        400℃で約5分。
        自分の勘を頼りに、生地の縁がカリッとしてきたらできあがりだ。
        木製パーレを使って出し入れする。
        打粉を十分にふってくっつかないようにする。
        何枚も回数を分けて焼く場合は、温度が下がるので、一度途中で薪か炭火を入れて、温度を上げるのがポイント。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順11
        出来上がり
        出来上がったら、熱いうちにいただこう。生バジルがあればここで散らす。
        少々こげていても大丈夫。形なんか気にしない。
        トッピングは好みでベーコン・シーチキン・たまねぎ・パセリなど工夫してよう。

        アウトドア派向けクリスピーピザの作り方とピザ釜(石釜)の楽しみ方
        ▲ 手順12
        屋外で焼きたてをいただくと味も格別
        関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。男の隠れ家、大人の秘密基地に最適な憧れのDIYガレージをお届けします。
        おしゃれなガレージ:関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。
        2010.12.31 Friday

        本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方


        0
          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方

          おなじみのふんわり分厚いアメリカンタイプのパン・ピザ。
          かりっとしたイタリアのローマ・ピザ。
          でも、このピザ釜(石釜)のパラゼッティで焼くなら本格ナポリ・ピザがおすすめ。
          高温短時間に焼き上げるからふんわり、かりっとが信条。

          ☆ナポリ・ピザの作り方

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順1
          材料 
          強力粉     300g
          ドライイースト 小さじ2杯
          塩       小さじ1杯
          ぬるま湯    200-250ml

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順2
          粉類をいっしょにふるいにかける。

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順3
          湯を加えて混ぜる。
          手につかない程度になるようにまとめる。

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順4
          打粉をして10分ほどこねる。
          家庭用電気の餅つき機やホームベーカリーを使えば楽なのでおすすめ。

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順5
          一次発酵 少しゆるめの生地に仕上げる。
          常温で1時間ねかせる。
          画像は前日に作って冷蔵庫で一晩ねかせるという低温発酵。

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順6
          切る。
          1個150gを目安に、生地を半分に切り分ける。
          とじ目を下にして、20分ベンチタイム。
          表面が乾かないようにぬれ布巾をかけてねかせておく。

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順8
          トッピング
          トマトソース・モッツァレラチーズ・あれば生バジルを散らす。粉チーズをふるってオリーブオイルをまわしかける。
          トッピングのトマトソースはこちら参照


          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順9
          1時間以上かけて思いっきり釜を熱しておく。

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順10
          焼く
          600℃で約30秒。
          木製パーレを使って出し入れする。
          自分の勘を頼りに、生地の縁がカリッとしてきたらできあがりだ。
          打粉を十分にふってくっつかないようにする。
          何枚も回数を分けて焼く場合は、温度が下がるので、一度途中で薪か炭火を入れて、温度を上げるのがポイント。

          本格ピザ釜(石釜)を使ったナポリ・ピザの作り方
          ▲ 手順11
          出来上がり
          トッピングは好みでベーコン・シーチキン・たまねぎ・パセリなど工夫してよう。

          【ここがポイント】
          生地をねかせるのは前日に仕込んでおいて、冷蔵庫で低温発酵がおすすめ。
          生地を手で広げるのは結構むずかしい。
          薄くなりすぎて破らないように気をつけよう。
          焼き加減はいくつも焼いて、経験してみることが肝心。
          イタリア政府公認のナポリピザとは直径35センチ以下、厚さは中央で3ミリ、縁部分で1センチから2センチでなくてはならない。
          もっともシンプルなマルゲリータはトッピングにナポリ郊外サン・マルザノ産トマトとアペニン山脈南部で作られたモツァレラ・チーズでなくてはならないとされる。
          「真のナポリピザを売る店」の証明書が発行されるらしいが伊本国でも数百店しかない。
          しかし日本ではそんな食材を手に入れるのは不可能に近いのでトッピングは好みでいいと思う。
          関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。男の隠れ家、大人の秘密基地に最適な憧れのDIYガレージをお届けします。
          おしゃれなガレージ:関西(京都・大阪・兵庫など)組み立て工事もお任せ下さい。
          Calendar
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << October 2018 >>
          亀岡トライアルランド
          亀岡トライアルランド
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          • 祝!!完走!! La Festa Primavera 2012 with Morgan 1934
            ヤマ (04/28)
          • 祝!!完走!! La Festa Primavera 2012 with Morgan 1934
            マルコウ (04/25)
          • 祝!!完走!! La Festa Primavera 2012 with Morgan 1934
            オガ (04/24)
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM